起業のための資金調達

p1独立や起業に必要な資金を調達したいときは、政府系金融機関や民間金融機関からの融資を検討したり、自治体による制度融資を利用したり、いくつかの方法が考えられます。

独立や起業のための融資を受けるときには、「事業計画書」の内容が問われます。そのため、まずは事業内容についてお話をお伺いしながら、自己資金と希望する融資額の最適なバランスや損益計画などについてアドバイスし、金融機関に説得力のある事業計画書を作成します。

起業準備で忙しいときに、お金のことで悩む時間はもったいないものです。基礎的なデータさえあれば、銀行交渉を得意とするb・パートナーズが専門的な知識を盛り込んで書類を作成いたしますので、安心してお任せください。

また申し込み後の面接対策として、質疑応答のロールプレイングも行います。銀行交渉人として、銀行員時代に培ったノウハウを基に、面接での適切な答え方についても細かくアドバイスしますからご安心ください。

報酬体系について

こちらをご確認ください

contact